実はひそかに歯に負担 「酸蝕歯(さんしょくし)…ちびちび飲みに要注意!」

蒸し暑い季節は気持ちも沈みがち。酸味爽やかな冷たいドリンクで、心も身体もリフレッシュしたいものですが、そんな折に「あれ?酸味が歯にしみる…」といった話も。歯のトラブルといえば虫歯や歯周病が思い浮かびますが、「酸蝕歯(さんしょくし)」という歯の疾患、ご存知でしょうか。酸性の飲食物の影響で歯のエナメル質が溶けてしまう=「歯の酸蝕」が近年注目されつつあります。局所的な虫歯とは違い、広範囲に症状が出ることからより深刻な状態になることも。口内環境の改善が対策のキーポイントです。水分補給を心がける夏だからこそ、酸蝕歯の原因と歯を守る方法をチェックしておきましょう。

思いがけないことが歯にダメージ

細菌が糖分を栄養にして出す酸が歯のエナメル質を溶かし、穴を開けるのが「虫歯」。酸が原因という点では、「虫歯」も「酸蝕歯」も同じです。PH値が中性の7から5.5に下がると歯が溶け始める、と言われていますが、通常は唾液が酸を洗い流して中和するので大きな問題は起きません。

ただ、歯が強い酸に繰り返し長時間さらされると、唾液の中和作用が間に合わなくなります。結果、歯のエナメル質が溶けて薄くなったり、軟らかくなることがあるのです。蝕酸歯の原因となる飲食物はPH値が低く、酸性度の高いもの。厄介なのは「美容や健康に良いものが原因になりやすい」ことです。

例えば健康のために酢を原液で飲んだり、柑橘類をこまめに食べたり、スポーツの最中や脱水対策にスポーツドリンクをたくさん飲んだり…。「甘い飲み物を避けて」カロリーゼロの炭酸水を飲むようにしている方も気を付けてください。クエン酸などで風味をつけた炭酸水はよりPH値が低くなっています。

PH値の低い飲食物とは?

それでは5.5よりもPH値の低い飲食物というと、どのようなものなのでしょうか。商品によって異なりますが、ざっと見ても馴染みのあるものが並びます。
● 2~3(レモン、コーラ)
● 3~4(ワイン、食酢、スポーツドリンク、りんご、みかん、野菜ジュース)
● 4~5(ビール、日本酒、白米、ヨーグルト、果汁ジュース)
● 5~5.5(コーヒー、ウイスキー、炭酸水、しょうゆ、トマト)

「会話を楽しみながら」「テレビを見ながら」ゆっくり楽しむ、そんな「ゆっくりちびちび飲み」をしがちな飲み物は、特に要注意です。楽しい時間をゼロにする必要はありませんが、長時間口の中を酸性にするのは避けたいもの。できる対策を知っておきましょう。

酸蝕対策!歯のエナメル質を守る心がけ

まず、原因になる飲食物の飲み方や食べ方の見直しから。
・長時間だらだら飲食しない
・飲み物はストローを使う(歯との接触を少なく)
・飲食後、ガムを噛む(唾液の分泌を促す)
・弱アルカリ性の重曹水、水やお茶で口をすすぐ

歯の磨き方にも工夫の余地があります。虫歯予防に有効な飲食直後の歯磨き、酸蝕歯対策としては、酸性度が高いものを飲食したら30分ほど経ってから磨く方が望ましいということです。酸で表面が軟らかくなった状態でゴシゴシ歯を磨くと、すり減ってしまうリスクがあります。唾液がエナメル質を修復してくれるのを待ちましょう。

健康に良いイメージの柑橘類や酢の入ったドリンク、のんびりリラックスしながら楽しむちびちび飲み、どちらも心身を健やかにしてくれます。同時に「歯の健康」も心がけたいもの。ぜひ、酸蝕歯のリスクを軽減する工夫をしてみてください。