女性だけでなく男性も要注意 「夏は冷房病対策をわすれずに!」

夏と言えば、怖いのは熱中症。室内での体温管理に強い味方となるのが冷房ですが、冷え過ぎに悩む方もたくさんいらっしゃるでしょう。熱中症と違って命に関わるようなケースは稀とはいえ、冷えによる体調不良は身体のさまざまな部分に影響します。今回は、夏の冷房に負けないための対策についてのお話です。

冷えによってどんな症状がでるのか?

冷房による体調不良は冷房病と呼ばれることもあります。代表的な症状は手足の冷え。しかし、そこからさらに進んで頭痛やのどの痛み、食欲不振、下痢、肌荒れ、肩こりなど、さまざまな症状があらわれることもあります。筋肉量など体の構造的な理由から、冷えは女性に起こりやすい現象ですが、昨今では自覚のある女性の方が対策をしっかりしているため、無防備な男性が冷房病による体調不良に陥るケースも増えてきているそうです。

冷房病が多岐にわたる症状へつながるのは、その原因が冷房による自律神経へのダメージにあるからです。肌寒いと感じるような状況が長く続くと、身体は血管を収縮させ体温を保持しようとします。その結果血流が悪くなり、汗をかく機能も弱くなって疲労物質が身体にたまってしまうのです。さらに、外との温度差は自律神経を混乱させ、消化器官の不調やホルモンバランスのくずれにつながります。

冷房との上手な付き合い方

冷房病になりたくない!かといって夏の外気温そのままで過ごすのは熱中症が怖い…(今年はマスクの着用で、より暑さを厳しく感じそうです)。冷房と賢く付き合う方法をチェックしておきましょう。まず、自分でコントロールができる自宅の場合。ちょうどいい冷房の温度は25~28℃と言われていますが、とにかく自分で「寒さを感じない温度」に調節するのが重要です。風の直撃を避けるのはもちろん、時々換気をして肌が冷気に対し鈍感になり過ぎないようにしましょう。

オフィスなど、自分で冷房をコントロールできない場所では服装で自衛するしかありません。とくに注意したいポイントは2つ、お腹と足元です。よく「お腹を冷やすのはよくない」と言われますが、これは胃腸が冷えることに加え、腹部の温度が全身に影響しやすいから、という理由もあります。最近は薄手でしっかり温めてくれる腹巻などもありますので、活用していきましょう。

また、冷房病に悩んでいる方は日々の習慣を改善することも検討してみるとよいでしょう。例えば、食事に冷たいものばかり食べるのはやめる、シャワーで済ませず入浴する、ウォーキングなど適度な運動で血流や筋肉を活性化させる、などが効果的です。冷え対策が必要と言われる女性はもちろん、男性もしっかり冷房病対策をして夏を快適に過ごしましょう。