銭湯じゃなくても得られる“交代浴”効果? 「リフレッシュだけじゃない!健康づくりに冷水シャワー」

最近では、気軽に楽しめる温浴施設が増えています。アミューズメント色のある「スーパー銭湯」や「スパ」、地域に根差した憩いの場である昔からの「銭湯」など、規模によってさまざまな種類のお風呂がありますが、普通の銭湯にもよく設置されている、いわば標準装備のお風呂が「水風呂」です。

温かいお湯に浸かる、というお風呂の基本概念に反するこの水風呂…「いやいや夏は、これが気持ちいいのだ」という愛好家も多いとか。なかには外出自粛で銭湯に行けず、水風呂浴ならぬ水風呂“欲”が溜まっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は自宅で手軽に水風呂っぽい気分を味わえる(?)とウワサの「冷水シャワー」をご紹介します。

水風呂は気持ちいいだけじゃない!

そもそも、人はなぜ水風呂にはいるのでしょう。火照った身体を冷やすのが気持ちいいから、という理由はもちろんあるでしょうが、実は水風呂を効果的に行うことで、健康効果も期待できるのです。

熱いお湯のお風呂と冷たい水風呂に交互に入ることを「交代浴」と呼びます。温度の変化が血管を刺激することで血流が改善し、疲労回復を促したり、交感神経と副交感神経が交互に刺激されることで自律神経の乱れが改善されたりと、交代浴には健康にいい効果があると言われているのです。

ただし、交代浴をしない方がいい人もいるのでその点は注意。具体的には高血圧、または心臓や循環器に疾患がある方、捻挫や打撲、肉離れなどのケガをしていて、腫れや熱感がある方はNG。また体調が悪い方や、常飲している薬がある方は、事前に医師や薬剤師に相談しましょう。そして以上に該当しない健康な方も、食後1時間、およびアルコールを体内にいれた後は避けるべきです。

冷水シャワーのやり方は?

本来お湯を張るお風呂と水を張るお風呂の2つがないとできない交代浴。このうち水風呂を冷たいシャワーで代用しよう、というのが冷水シャワーです。先ほど述べた健康効果は、身体に温度変化の刺激を与えることで得られるわけですから、理論上はシャワーでもOK、というわけですね。

やり方は簡単!お湯を張った浴槽で身体をしっかり温めたあと、冷たいシャワーを浴びるだけ。温度は浴びていて負担にならない程度で、まずは足にかけて慣らしていくのがよいでしょう。とくに、これまで水風呂にあまり入ったことがないような方は、いきなり無理して冷たい水を浴びると逆効果になってしまう可能性があります。あくまで気持ちいいと感じられる範囲にとどめましょう。

交代浴の効果を目的とした場合、事前に湯舟につかることが必須となりますが、純粋に冷水のシャワーを浴びるだけでも体にいい!と実践するアスリートもいます。熱い夏、お風呂をいれるのは面倒という方も、自宅で涼む方法のひとつとして冷水シャワーを試してみてはいかがでしょうか。