夏がおわっても油断は禁物! 「残暑に寒暖差、秋バテにご注意を」

今年の夏は暑かったですね…9月になって暑さも和らぎ、8月に比べれば過ごしやすい気候になってきました。しかし、季節の変わり目にはまた別の危険が潜んでいるもの。今回は夏の終わりから秋口にかけて気を付けたい「秋バテ」の症状について、傾向と対策をご紹介します。

秋になっても熱中症リスクはある!

気温が高いと熱中症になりやすいので、水分や塩分の摂取が大事、というのは広く知られていることです。しかし気温だけでなく、寝不足や二日酔いなどの体調不良も熱中症を引き起こすトリガーのひとつ。夏を乗り越えて疲労の溜まった状態に加え、油断して水分摂取を怠ったせいで熱中症に……という例は少なくありません。高齢者の中には世間で熱中症が騒がれなくなると、水分補給を忘れがちになる方も。1日1.5リットルを目安に、時間を決めるなどしてこまめな水分補給を心がけましょう。

また、天候も不安定なこの季節。突然の雨に降られて、身体が濡れてしまった際も要注意です。服が濡れたままの状態で長時間そのままにしていると、体温がどんどん下がって低体温症になる可能性が。冷房されている場所などはとても危険です。冬場と違って低体温症への警戒心が薄れている秋口だからこそ、身体の震えや呼吸の乱れなどのサインを見逃さないようにしましょう。

昼夜の寒暖差によるダメージにも気を付けて!

朝晩が涼しくなって過ごしやすいのはうれしいですが、昼間との気温差は自律神経の乱れにつながります。そうして引き起こされるのが夏バテならぬ「秋バテ」。睡眠障害、食欲の減退、めまいなど。女性の場合、ホルモンバランスも崩れやすくなります。

秋バテ予防に大切なのは、食事と適度な運動。食事は温かいものを中心に、無理なく十分な量を摂取しましょう。夏バテのダメージから早めに回復しておくために、ビタミンB1やアリシン、クエン酸などを意識して摂るのもオススメ。ビタミンB1は豚肉、うなぎ、ほうれん草、大豆、アリシンはニンニクやニラ、クエン酸はうめぼしやレモンなどに多く含まれています。

運動は軽めのウォーキングなどを、涼しい時間帯に行うのが吉。もちろん水分補給はこまめにしてください。脱水になると熱中症だけでなく、脳梗塞のリスクも高まります。大切なのは、無理をしない、油断しない、身体の調子がおかしいと思ったら医療機関を受診する、の3つ。秋口を元気に乗り切って、食欲の秋を思う存分満喫しましょう!