湿度に注意!冬の風邪対策のポイントとは?

12月の終わりから1月にかけては、1年で最も空気が乾燥する時期といわれます。風邪やインフルエンザが流行するのもこの季節。ウイルスは乾燥した環境で感染が広がりやすくなりますので、予防のためにも湿度の管理には、しっかり気をつけたいところ。では、湿度を上手に保つにはどうすればよいのでしょうか?

最適な湿度は50~60%

風邪やインフルエンザ予防のためには、室内の温度を50~60%に保つのが良いとされています。湿度が40%以下になるとウイルスに含まれる水分が蒸発して軽くなり、ウイルスが空気中に浮遊しはじめます。そして体内に侵入しやすくなり、結果、風邪やインフルエンザにかかりやすくなる、と考えられています。
また、空気が乾燥することによって、のどや鼻の粘膜も乾燥し、ウイルスや細菌の侵入を防ぐバリア機能が下がってしまうことも罹患の一因に。湿度を保つことは、寒い冬を健康に過ごすための大切なポイントの一つでしょう。

加湿をするにも注意ポイントあり

室内の湿度を手軽に上げる方法としてお役立ちなのが、加湿器です。小さな子どもや高齢者、病人のいる場所でも安全で効果的に使えるものが多く、最近では価格も手頃&シンプル機能のものから、多機能で高級志向のものまでさまざまなタイプが登場。インテリアのポイントになる素敵なデザインの加湿器は目にも楽しく、ご家庭だけでなく職場などで使っている方も多いと思いますが、やなり注意したいのは加湿器の衛生管理です。
手入れを怠ると機器の機能低下を招くだけでなく、細菌やカビが発生!蒸気と一緒にカビや細菌が室内に拡散され、アレルギー症状を引き起こすなど健康被害を起こす恐れも……。水の取り換えや機器内の清掃など、取扱説明書にしたがってお手入れし、クリーンな加湿を目指しましょう。

また加湿は必要ですが、逆に室内の湿度が高くなりすぎても困りもの。結露が原因でカビが発生しては本末転倒、別の健康被害が心配されることに。適切な湿度を保つために温湿度計なども活用して、健康的な潤いライフにつなげていきましょう。

身近な習慣も保湿につなげて

エアコンメインでお部屋を暖めているお宅は、ふと加湿計の数字を見た途端「ええっ、こんなに乾燥しているの?!」と驚きますよね。ご家庭であれば、加湿器だけでなく洗濯物の室内干しや、ストーブにやかんをかけるなどの日常的な行動も乾燥対策になります。

就寝時に乾燥が気になるときは、濡れたタオルを寝室の頭に近い場所にかけておくだけでも、乾燥を和らげることができますのでお試しを。また外出時にはマスクを積極利用し、冷たいカラカラ空気をシャットアウト。鼻の粘膜の保湿をしっかりし、室内でも外出先でも快適な湿度を保って風邪やインフルエンザの予防を心がけましょう。

エステー「冬になると、風邪やインフルエンザが流行するのはなぜですか?」
http://www.st-c.co.jp/plus/question/answer/14.html
気象庁「気温・湿度平年値」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s1.php?prec_no=44&block_no=47662&year=2019&month=&day=&view=a2